Author: tm2mgx3h | Date: 2015年2月19日 | コメントは受け付けていません。

探してもなかなか見つからない

njnjfwser
 

乳児院で働いてみたいけど、
なかなか求人を見つけられない。

という看護師さんは多くいると思います。

 

実はもともと乳児院の看護師求人は少なく、
希少と言える求人
になっています。

一般的に求人情報を提供してもらうことが出来る
ハローワークなどで取り扱っている求人では
なかなか見つけることが出来ません。

 

まして、新聞折り込みに入ってくる
求人情報誌などでは見つけることは
殆どのケースで出来ませんよね。

では、どうしたら乳児院の看護師求人を
探すことが出来るのでしょうか?

 

インターネットで探してみる

 

最近では乳児院の多くは独自の公式サイトがあり、
乳児医院の情報などを発信しているケースが
とても多くなってきています。

そのため、公式サイト上に採用情報を掲載して
求人募集を行っている
というケースもあります。

 

そこで、自分が働いてみたい乳児院の
公式サイトをチェックしてい見て、
採用情報を確認してみるという方法もあります。

とくに採用情報がない場合には、
直接求人募集をしていないかということを
尋ねてみてもいい
ですよね。

 

ただ、乳児院の看護師募集はしていません。
と言われてしまうケースもありますし、
時間帯によっては忙しく対応できないケースもあります。

問い合わせをする時間帯などを考慮することも
とても大切になってきます。

 

知り合いのつてを頼ってみる

aehfdfadf
 

乳児院で看護師の仕事をしている知り合いがいる
という人であれば、そのつてを頼ってみるというのも
おすすめの方法です。

知り合いが務めている乳児院に空きのポストがあれば
紹介してもらうこともできます
よね。

 

もともと乳児院は希少な求人と言われていて、
求人情報を発信すると多くの求職者が集まり、
その対応に苦慮していしまうことも少なくありません。

できれば広く求人を出さずに、
限られた人にだけ情報を発信したいと考えている
乳児院も多くあるようです。

 

希少な求人なら転職サイトも

 

数少ない希少な求人情報。
人気が高く人が集まりやすい求人情報。
この二つに該当する求人情報が集まりやすい場所。

というものがあります。

 

それが転職サイトです。

 

実は乳児院の看護師の求人情報の多くは、
看護師専門の転職支援サイトに
非公開求人として集まってくる。

と言われているんです。

 

非公開求人にすることで限られた人にだけ
求人情報を閲覧してもらうことが出来ます。
それによって応募者の殺到を避けることが出来るんです。

また、条件に合った人だけに情報を出すことで、
採用側もある程度絞られた人材だけ
採用活動をすることが出来ますよね。

 

希少な求人を探したいのであれば、
ぜひ転職サイトを利用してみてくださいね。

 

→ 乳児院の求人の見つけ方 詳しくはこちら

 

 

Author: tm2mgx3h | Date: | コメントは受け付けていません。

乳児看護って?

opweihrfjkds
 

生まれてから1歳くらいまでを乳児期と言いますよね。
この乳児期にある子どもたちのケアにあたること
乳児看護といいます。

乳児期は成長も著しく、
生後3~4カ月程度で出生時の約2倍に体重が増え、
1歳のころには約3倍に増えていると言われています。

 

また身体能力もたった1年の間に目覚ましく
発達して行きます。

この目まぐるしく発達して行く乳児期の子どものケアは
専門的な知識も必要になる
ケースも多く、
看護師の中には乳児を専門的にケアしたい。

 

と考えている人もいますよね。
そんな乳児看護をすることが出来る職場は
実はいろいろあるんですよ。

 

急性期の乳児看護ならNICU

 

出生後すぐに入院・治療をする必要がある
乳児が入院してくるのがNICUです。

低体重出産時や先天的な疾病があるという
乳児が入院してくるNICUは、常に生と死が
隣り合わせの職場
の一つです。

 

ほんの小さなミスでもNICUに入院している乳児は
生命の危機に発展してしまうこともあります。

急性期の乳児看護はとても緊張感があり、
人気のある職場であるのと同時に、
緊張感に耐えることが出来ないという看護師もいます。

 

新卒で配置されることもありますが、
ある程度経験を積んだ看護師に向いている職場
といえますよね。

乳児看護のプロフェッショナルといえるのが
このNICUの看護師
ではないでしょうか。

 

小児科や産婦人科でも乳児看護はあります

mndvhisuehf
 

小児科や産婦人科も乳児看護を行う職場です。
産婦人科が乳児看護?と思うかもしれませんが、
産婦人科では生後5日程度までの新生児がいます。

出産後間もない乳児のケアは、
お母さんに乳児ケアの指導をしながらも看護師が
ケアをする
ことになりますよね。

 

また、小児科には乳児も通院してきますし、
NICUに入院は不要ではあっても、
小児科病棟に入院が必要な乳児もいます。

NICUに比べると緊急性は少なくはなりますが、
小児科や産婦人科でも乳児看護の仕事は
あります
よ。

 

乳児院や保育園で乳児看護

 

乳児院や保育園は医療の現場ではありませんが、
やはり乳児が入所・通園してくる施設です。

そのため、看護師が配置されて乳児のケアをする。
という仕事はとても多いんですよ。

 

特に乳児院は24時間体制で乳児のケアを行います。

医学的な管理も必要になってくる乳児期は、
医療の現場意外にも看護師を必要とする職場は
沢山ある
んですよ。

 

地方自治体などには、
乳児がいる家庭に訪問してそのケアにあたる
保健師訪問や看護師訪問をしているところもあります。

各家庭に訪問をして乳児看護にあたる公務員。
という働き方もあるんですよ。

 

乳児看護を行う職場というのは探してみると
様々なものがあることが分かると思います。

その中からどのような職場を選びたいのか、
どのような職場が自分には向いているのか

考えてみてくださいね。

Author: tm2mgx3h | Date: | コメントは受け付けていません。

勤務時間ってどのくらい?

oiquhfdjs
 

乳児院は比較的勤務時間が安定していて、
一般的な病棟勤務に比べると
勤務時間が短くてすむ。

と思われているかと思います。

 

でも、実は乳児院も病院と同じように、
24時間体制で運営されている施設になりますので、
夜勤などがある交代制勤務になっている。

という乳児院は多くあります。

 

例えば愛知県にある乳児院の場合には
交代制勤務を行っていて、
5つの勤務時間を設定しています。

 

7:00~16:00
9:00~18:00
10:00~19:00
12:00~21:00
16:00~10:00

と言ったような感じです。

 

16:00~10:00夜勤勤務を除けば
概ね休憩時間1時間がある8時間勤務
ということになりますよね。

 

夜勤は2勤務分

 

さて、先ほどの勤務時間の中で
夜勤になる16:00~10:00の勤務は
16時間とかなり長時間の勤務です。

この夜勤は2勤務分になるんです。

 

多くの乳児院はこの夜勤は2勤務分という
扱い
をしています。

乳児院は20時就寝ですから、
21時以降の勤務は大きな負担がないため
のようです。

 

いくつかの乳児院の求人募集内容を見ても、
同じような勤務体制をとっているという
ケースが多くみられます。

もちろん、勤務の時間帯については
それぞれの乳児院によって異なります
が、
概ねこの時間に近い勤務時間になっています。

 

残業ってあるの?

iqwuujdf
 

乳児院は残業がない。
ということは決してありません。

乳児院は健康な子供が入所していますが、
健康な子供も風邪をひいてしまったり、
体調を崩してしまうことだってあります。

 

体調が悪くぐったりとしている子どもを残して
時間だから帰るね。

と帰ってしまうことが出来るという人は少なく、
その子が寝つくまでお世話をしてあげたい。
というようなケースもあります。

 

また面談などがあるときには
どうしても日頃の業務が残ってしまい
残業をするというケースもあります。

なんだかんだと残業する事って多いよね。
そいう乳児院の看護師は
とても多いんですよ。

 

休日はちゃんとあるの?

 

勤務をしている日は比較的残業が合ったり
長時間拘束されることが多い乳児院の看護師ですが、
休日についてはしっかりと取ることが出来る。

と言われています。
しっかりと休日をとって休むことで、
次の勤務に備えることが出来ますよね。

 

求人情報などにも4週8休や4週6休などの
シフト制での勤務と記載されていることが多く、
この辺りは病棟勤務の看護師と似ていますよね。

乳児院の場合には急患や急変対応ということが
まずありません
ので、休日に呼び出される
ということは殆どありません。

 

ただ、乳児院に勤務している看護師の中には、
自分が休日の日に子どもたちがどうしているのか
気になってしまう。

という人も多いようです。
愛情をもって接すれば接するほど、
子どもたちに対する思い入れも深くなりますよね。

Author: tm2mgx3h | Date: | コメントは受け付けていません。

日本にある乳児院の数は少ない

dsfjijfsd
 

児童福祉法という法律によって設置されえいる
乳児院は、日本全国にどのくらいの数があると
思いますか?

イメージとしては各市区町村に1件くらいは
乳児院があると考えているかもしれませんが、
概ね130件くらいしかありません。

 

そして、入所している乳幼児の数自体は
約4000人いると言われています。

確かに、乳幼児が親元や家庭ではなく
乳児院で暮らすということは少ない方がいいですよね。

 

でも、実際には乳児院を必要としている乳幼児の数は
この入所している人数に比べると
もっと多いと言われています。

ここ数年で、新たな乳児院が開設される
というケースが増えています。

 

しかし、基本的には乳児院の数が少ないため、
当然ですがそこで働くスタッフの募集というのは
少ない
といえます。

 

乳児院には看護スタッフ以外も働いている

 

乳児院は低月齢や低年齢の子どもたちが
日々の生活を送っています。

そのため、元々は医学的な管理が必要
ということで看護スタッフを含めた
医療スタッフが多く勤務していました。

 

でも、実際には看護スタッフでなくても良い仕事
というものが多く、今は分業されてさまざまな
職責のスタッフが働くようになりました。

つまり、今まで看護スタッフがしていた仕事を
他のスタッフがするので、より多くの看護師は
不要ということになってきています。

 

このような事から、看護スタッフの募集は減り、
希少な求人になってきているんです。

 

乳児院における看護スタッフの数

oiweridjf
 

乳児院は児童福祉法によって
看護師を配置する基準というものがあります。

まず1.6人に1人以上の配置が必要
となっているのですが、実はこれは
保育士または児童指導員をもって代えることができます。

 

つまり、看護師の数を多くしなくても、
保育士や児童指導員がいればOKということです。

 

では、看護師はいらないの?
と思うかもしれませんが、法律ではさらに

乳幼児10人の乳児院には2人以上、
10人を超える場合には、10人増すごとに
1人以上の看護師を置かなければならない。

ということになっています。

 

つまり、10人の乳幼児がいる乳児院では2人、
20人の乳幼児がいる乳児院では3人、
看護師がいればよいということになるんです。

 

待遇を考えると看護師より保育士

 

看護師と保育士だと、どうしても看護師の方が
給料などの待遇は高くなります。

 

そうなると運営側としては、厚待遇で迎えなければ
なかなか雇用することが難しい看護師よりも
保育士を積極的に雇用したい。

と考えますよね。

 

そうなると、小規模の乳児院であれば2人程度、
大規模な乳児院だとしても、だいたい4人程度の
看護師で十分足りるということになります。

 

130ほどある乳児院、そこに仮にすべての施設で
4人の看護師を2交代で配置したとしても
1040人いれば足りることになりますよね。

この数少ないポストですから、当然求人は
とても希少ということになるんですよね。

 

→ 乳児院の求人の見つけ方 詳しくはこちら

 

 

Author: tm2mgx3h | Date: 2015年2月18日 | コメントは受け付けていません。

乳児院は24時間運営

opwiuehf
 

乳児院には生後間もない乳児から
2歳くらいまでの幼児が生活をしています。

生活をしているのですから、
当然ですから24時間運営されている施設
ということになりますよね。

 

このため、働いているスタッフについても
24時間体制での勤務が必要
になってきます。

24時間体制での勤務を行うスタッフには
当然ですが看護師を含む医療スタッフも含まれます。

 

では、乳児医院の一日の中で、
日勤と夜勤では仕事内容がどのように異なるのか、
大まかな乳児院の一日の流れをチェックしてみましょう。

そしてその中で看護師を含む医療スタッフの仕事は
どのようなものになるのかチェックしてみましょう。

 

とある乳児院の一日

 

乳児院の一日は大体朝6時~6時半に始まります。
子どもたちは起床後、おむつ交換や検温、
視診といったことを行い体調チェックを受けます。

7時~7時半ごろからは朝食の時間です。
お着替えをして朝食をいただきます。

 

朝食後は静的な遊びの時間になります。
紙芝居や絵本、手遊びなどを行います。

9時半~10時ごろにはおやつの時間です。
食事では補いきれない栄養を摂取するのが
このおやつの大切な役割です。

 

10時過ぎくらいからは保育活動が始まります。
月齢や年齢に合わせてのお散歩や外気浴など
屋外での活動がメインです。

11時からは昼食の時間です。
行事食をはじめ、成長段階に合わせた食事です。

 

12時からはお昼寝の時間です。
14時ごろまで年齢や月齢に合わせてお昼寝します。

14時半ごろからはおやつの時間です。
おやつが終わると15時ごろから屋外を中心に
保育活動が行われます。

 

たっぷり遊んだあと16時ごろからは入浴です。
17時には夕食が始まり、20時の就寝までは
静的な遊びの時間になります。

 

看護師の日勤

uehjksnhfd
 

このようなスケジュールの中で、
看護師が日勤として出勤するのは
だいたい8時半~16時半くらいの時間帯です。

子どもたちが静かな遊びをしている頃に出勤し、
入浴をしている頃に退勤
することになります。

 

この時間帯に看護師が行う業務としては、
月齢が低い子供たちのケアを中心に、
子どもたちと一緒に過ごしながら観察をする。

ということがメインになってきます。
遊んでいる間に何か体調に変わりがないか、
遊びを通じてチェックすることになります。

 

また、日勤の時間帯には
入所している子どもの保護者と面談をする
ということも仕事のうちになります。

子どもが家庭に帰って行った時に気を付ける事、
健康に関するアドバイスなども行います。

 

書類製作といった事務的な雑務もありますよ。

 

看護師の夜勤

 

看護師が夜勤で勤務するときには
16時くらいから9時くらいまでの勤務
ということが多くなります。

入浴を始めるころから、
朝の静かな遊びが終わるころになります。

 

夜勤では子どもたちとスキンシップを取りながら
就寝前の検温や視診、起床後の検温や視診
などを行うことになります。

夜間というのは子どもたちが体調を崩しやすい
時間帯
にもなっています。

 

日中の活動の疲れが一気に夜間に出るので、
この時間帯の看護師はとても重要な役割がある
ということがいえますよね。

日勤看護師からの引継ぎで、
書類作成などを行うこともあります。

Author: tm2mgx3h | Date: | コメントは受け付けていません。

志望動機は大切なの?

jiejiursd
 

乳児院に就職したり転職したりするときには
必ず応募書類を作成して、面接などを行って
はじめて採用を勝ち取ることが出来ます。

この応募書類や面接などで、
採用担当者が重視する事の一つが
志望動機
になります。

 

これは乳児院にかかわらず、
どうして応募した施設で働くことを
希望しているのかを知りたいからです。

志望動機によってはどんなに優秀と思われる人でも
残念ながら採用になることがないこともあります。

 

求職者の志望動機というのは
かなり採用を決定するためには
大きなウエイトを占めている
んですよ。

 

看護師なのにどうして乳児院なのか

 

看護師と言えば患者さんの看護をする仕事。
と考える人が多いですよね。

でも、乳児院に入所している乳幼児は
患者さんではなく健康な乳幼児です。

 

看護師なのにどうして乳児院で働きたいのか。
この点が気になるという人も多くいます。

子どもたちに囲まれた仕事がしたいのであれば
小児科やNICUなど医療の現場でも
子どもたちに囲まれた仕事はありますよね。

 

しかし、小児科やNICUはあくまでも
ケアが必要な子供たち
です。

子どもについてより深くい知りたいという時には
乳児院で看護師として働くことも良い経験になる。
このように考えている人もいるようです。

 

将来的には小児看護のスペシャリストになりたい。
そのためには様々な乳幼児と関わり合い、
乳幼児についてより深く知りたい。

だから、乳児院の勤務を希望する。
このような志望動機もアリですよね。

 

乳幼児を通じてさまざまなスタッフと連携したい

dejfijief
 

小児医療の現場では、どうしても医師と看護師
という医療スタッフ中心で仕事をしていきます。

特に乳児が入院する病棟である
NICUやGCUなどは、他のスタッフが介入することが
殆どない職場になりますよね。

 

時として医師や看護師という医療スタッフだけの
閉鎖された空間で日々を過ごす。
ということが起こる可能性もあります。

そうなると、偏った考え方を持ってしまうことも
ある
と言われているんです。

 

看護師として看護を行うだけではなく、
人間としてさまざまなスタッフとともに連携して
仕事をしていきたい。

自分の人間的な間口を広げていきたい。

 

このように考えて乳児院で働く看護師になりたい。
と考えている人もいるんですよ。

 

本音を言えば・・・

 

さて、なんとなく今まで説明した志望動機は
立派な感じがして私の考えとは違うかも。
そんな風に感じている看護師もいますよね。

だって、本音を言えば
医療の現場と違って乳児院は
精神的なプレッシャーとかかからなそう。

 

残業も少なそうだし、
肉体的な負担もあまりなく仕事が出来そう。

赤ちゃんって見てるだけでも幸せになれそうだし、
かわいい赤ちゃんのお世話が仕事ってよさそう。

 

そんな風に思って乳児院を選ぶという人だって、
正直言えばいますよね。

 

確かに本音はそのあたり何だと思いますが、
あくまでも就職や転職するときには
建前としての志望動機も必要です。

この辺りは使い分けも必要ですよね。

Author: tm2mgx3h | Date: | コメントは受け付けていません。

乳児院ではどんな人が働いているの?

juehufhads
 

児童福祉法によって設置されている乳児院は
生後間もない乳児から概ね2歳くらいの乳幼児が
日々の暮らしをしている施設になっています。

この子供たちのお世話をするために、
実は数多くのスタッフが携わっているんです。

 

乳児院という施設の責任者である施設長をはじめ、
事務を執る事務員もいます。

この他に、乳幼児の保育を主に担当する保育スタッフ
乳幼児の医療を主に担当する医療スタッフ
乳幼児の食事を主に担当する食事スタッフ
です。

 

乳児院ではこれらのスタッフがお互いに協力をして
入所している乳幼児の日々のケアを行っていきます。

では、スタッフごとに行う主な仕事内容を
紹介して行きたいと思います。

 

保育スタッフ

 

乳児院で働く保育スタッフは

・児童指導員
・保育士

といった資格を持っているスタッフが携わります。

 

乳児院では児童指導員や保育士が
保護者に代わって日頃の生活のお世話や
精神的な成長を支えていくことが主な仕事になります。

 

新生児から2歳くらいの子どもたちは
様々な面で成長が著しい時期ですよね。

その子供の成長段階に合わせた保育を担当するのが
この保育スタッフの役割になります。

 

ボランティアスタッフと協力をして
乳幼児に遊びを通じてさまざまな精神的な成長、
身体的な成長を支えていきます。

 

医療スタッフ

quwhurhhjf
 

乳児院で働く医療スタッフは

・医師
・看護師
・保健師

といった資格を持っているスタッフが携わります。

 

乳児院に入所している子供たちはまだ低年齢で、
身体の抵抗力自体も弱い乳幼児ですので、
医療スタッフが医学的管理を行う必要があります。

乳幼児の健康管理をはじめ、
事故防止や感染症拡大などを阻止するということも
医療スタッフの仕事になってきます。

 

もともと乳児院は医学的管理が必要な施設
ということで医療スタッフが中心となって運営していた
という背景があります。

しかし、医療スタッフを必要としている施設が増え、
医療スタッフの確保が難しくなってきています。

 

そのため、医療スタッフではなくても良い部分に
保育スタッフやボランティアスタッフを配置して
分業を行うようになってきたんですよ。

 

食事スタッフ

 

乳児院で働く食事スタッフは

・管理栄養士
・栄養士
・調理師

といった資格を持っているスタッフが携わります。

 

乳幼児の食事を栄養的な観点から管理し、
月齢や年齢に合わせ、
またその子供に合わせた食事を提供
します。

乳幼児が発達をするためには食事は欠かせません。
また食事を通じて学ぶこともたくさんありますよね。

 

食事を提供するスタッフは、
子どもたちが健康に成長することが出来るように、
食事管理をしながら子どもたちと接して行きます。

Author: tm2mgx3h | Date: | コメントは受け付けていません。

どうしてあえて乳児院や保育園なの?

qwefsefd
 

看護師の仕事というのは、
基本としては患者さんの看護を行うこと。
というものになりますよね。

でも、乳児院や保育園というのは、
健康な子どもたちが暮らしていたり
通ってきたりするところです。

 

看護の必要性がある子ども
というわけではありませんよね。

それでも、多くの看護師が乳児院や保育園での
勤務を希望していると言われています。

 

どうしてあえて乳児院や保育園なのでしょうか。

最大の理由としては
子どもが好きだからというものがありますが、
他にも人気の理由はあるようです。

 

規則的な勤務ができる

 

乳児院や保育園の勤務の場合には、
比較的規則的な勤務をすることが出来る。
これが乳児院や保育園を選ぶ理由になることもあります。

乳児院の場合には夜勤があるケースもありますが、
保育園の場合には基本的には日勤のみですし、
退勤時間もほぼ守れ残業があまりありません。

 

家庭と両立したいという主婦看護師たちには
この残業がほぼないということが大切になっています。

また園によっては土日は休みという所も
ありますよね。

 

子どもがいるママ看護師にとっては、この土日休み
というのはかなり重要になってきます。

やはり子どもが休みの時には一緒に過ごしたい
と考える看護師にとっては、土日休みの勤務
というのは嬉しいですよね。

 

乳幼児のことを良く知りたい

mndvhisuehf
 

将来的には小児看護についての
スペシャリストを目指していきたい。

という向上心を持っている看護師の中にも
乳児院や保育園の看護師として働いてみたい。
と考えている人もいます。

 

乳幼児については小児医療の現場よりも
より詳しく、しっかりと観察しケアをすることができる
というのが実は乳児院や保育園
ですよね。

健康な子供たちがどのように過ごしているのか、
どのような遊びをしてどのように学びを行うのか。
これは小児医療の現場ではなかなか分かりません。

 

看護が必要な子どもたちだけではなく、
乳幼児のことを深く知りたいという看護師が
あえて乳児院や保育園を選ぶこともあるんですよ。

 

やはりかわいい子供たちに囲まれていたい

 

乳児院や保育園の看護が人気になる理由は
基本的にはこの
かわいい子供たちに囲まれて仕事をしたい。

ということにつきる。
という看護師も多いですよね。

 

もちろん、乳児院や保育園は
子どもが好きという事だけでは務まる
というわけではありません。

乳児院や保育園には小児医療とはまた異なる
さまざまな問題があるケースもあります。

 

アレルギーの問題
突発的な傷病
感染症の拡大の懸念

これらは咄嗟の判断が必要になるケースもあります。

 

看護のスペシャリストとして、
健康な子供たちと過ごしながらも、
子どもたちが元気に過ごせるような助力をしたい。

このように考えて、
乳児院や保育園をあえて選ぶ看護師が
多いようですね。

 

→ 乳児院の求人の見つけ方 詳しくはこちら

 

 

Author: tm2mgx3h | Date: 2015年2月17日 | コメントは受け付けていません。

乳児院には医師が常勤として配置される

oiweridjf
 

乳児院は医療の現場ではなく
福祉の現場ではありますが、
福祉施設の中では医療の現場に近い職場です。

理由としては、乳児院には医師が常勤として配置され、
看護師はその医師の指示のもとに医療行為を行えます。

この点が他の福祉施設とは異なる点です。

 

多くの福祉施設では医師が常勤として配置されていないので、
看護師としての職責でどの程度までの医療行為が出来るのか
判断に迷うケースが多くなります。

しかし、医師が常勤として配置されている乳児院では、
積極的な医療行為も可能になってきますよね。
ではなぜ、乳児院には医師が常勤として配置されるのでしょうか。

 

乳児は突然体調を崩すことがある

 

朝はとてもご機嫌な様子だったのに、
ちょっと目を離した間にぐったりとしてしまっていることがある。
このような乳児というのは実は多いんです。

乳児看護のポイントの一つに、この乳児特有の
体調変化の波の大きさがあります。

 

家庭で育児をしているお母さんたちでも
わが子の急変に気が付かなかったという人がいるほど
乳児の急変は起こりやすい
んです。

 

乳児院では複数の職員によって
複数の乳児のお世話をしているために、
どうしても誰かが見ているだろう。

と考えがちで、実際には誰も見ていなかった。
というようなことも実は起こりやすい環境なんです。

 

この点はよく注意している必要があります。
乳児の健康管理は看護師の役割でもありますので、
よく注意しておきましょう。

 

感染拡大を阻止することが大事

mcjhbdsg
 

乳幼児の体調はちょっとしたことでも崩れやすいものです。
また感染症などはどんなに予防をしても、
引き起こされてしまうことはありますよね。

でも、この感染症、一度発症してしまうと、
乳幼児の場合には瞬く間に感染が拡大して
乳児院に入所している乳幼児に広まる
ケースもあります。

 

これを阻止することは、乳児看護では大変重要な事です。

看護師はこの感染拡大を阻止することに
全力を尽くすことがとても重要な役割の一つです。

 

体調が悪いなという乳児がいたら、
素早く対応をすることがとても大切
ですよ。

この体調の悪さは普段の健康管理を行っていれば
ちょっとした異変にもすぐに気が付くことが出来ますので、
基本は健康管理をしっかりとすることになりますよね。

 

愛情をもって接することも大事

 

乳児院に入所している乳幼児は
何かしらの理由によって親元で生活することが出来ない
乳幼児です。

 

中には生まれてすぐにさまざまな事情によって
家庭に入ることが出来ず、病院から直接乳児院に
入所することになった子もいます。

中には一度は家庭に入ったものの、虐待などによって
乳児院に入所することになった子もいます。

 

とくに後者の子は時として虐待のつらい記憶を甦らせて
はげしく泣きじゃくってしまう子もいます。

 

このような乳幼児に対して愛情をもって、
あなたがこの世界に生まれてきたことを愛おしく思っている。
と抱きしめてあげる存在になる必要もあります。

乳幼児看護ではこの愛情をもって接するということは
とても重要な事なんですよ。

Author: tm2mgx3h | Date: | コメントは受け付けていません。

乳児院ナースは給料はどう?

kjhusaa
 

最近では乳児院に看護師として勤務したい。
と希望する看護師も増えてきました。

乳児院は病院ではありませんので、
基本的には健康な乳幼児のお世話がメインで、
乳幼児の疾病予防を行うのが仕事になってきます。

 

愛情をもって乳児院に入所している
0歳~2歳くらいまでの乳幼児のお世話をする看護師は
概ね400万円~450万円前後の年収になる。

ということが多いようです。

 

乳児院の場合には、夜勤などもある勤務であることが多く、
土日も関係なくシフトが組まれることもあります。

夜勤有の病棟勤務に比べると、
この年収はやや低めと感じる看護師も
多いのではないでしょうか。

 

乳児院は医療ではなく福祉の分野

 

乳児院というのは医療の現場でなく、
福祉の分野の職場ということになります。

そのため、看護師の仕事も医療行為を積極的に行う
というよりは、家庭のお母さん的な存在
になります。

 

家庭と異なり、
乳児院はそれぞれの専門職の職員がいて、
手分けをして子供たちのお世話をします。

看護師は特に子どもたちの予防医療に従事し、
健康管理を担当する職員になります。

 

その中で突出して看護師だけが高い給料になる
ということはありません。

福祉の現場で働くということは、医療の現場で働くよりも
やや給料自体は低めになることは多い
んですよ。

 

実際の求人情報でチェック

ehwfsfsf
 

神奈川県横浜市にある乳児院で
正看護師で正職員の募集の求人がありましたので
この求人情報をチェックしてみましょう。

応募資格は臨床経験1年以上、
勤務時間は8:30~16:30ですが、
夜勤や早番、遅番などがあります。

 

この求人の給料は、
専門・短大卒の正看護師は206,650円
4大卒の正看護師の場合には213,690円
です。

この給料には調整・住宅・特殊業務手当が含まれます。

 

賞与については年3回、4.4ヶ月分くらいが支給ですので、
年収ベースでは約340万円~約350万円になります。

一般的と言われている乳児院の看護師の給料よりも
やや低めになっているように感じます。

 

ただし、各種手当などを加味して行くと、
400万円程度の年収
にはなりそうですね。

 

乳児院の給料はどうなって決まるの?

 

乳児院は法律に基づいて設置されている
児童福祉視閲になっています。

児童福祉施設の場合、私立の乳児院であっても、
地方公務員に準じる給料体系になっているという
ケースも多々あります。

 

そのために、地方自治体の人事委員会から
給料についての勧告が行われているケースがあります。

つまり、給料について都道府県などに設置されている
人事委員会の勧告に準じて決定されている。
というケースがあるんです。

 

ただし、このようなケースでは勤続年数が長ければ
昇給も順調にしていくことが多くなります。

この辺りは病棟勤務の看護師と似ていますよね。